toggle
2018-08-20

ヨガでする、子宮のセルフケア

ヨガで子宮のセルフケアってどんな事をするの?と疑問に思われるかも知れません。

毎月の生理が健康的に繰り返されるために、自分でできる事があります。

それはヨガのポーズをとりながら骨盤の傾き、胴体や頭の位置、骨盤底筋群やインナーマッスルなどを使える様に体の使い方などを練習していきます。

覚えたら、繰り返し日常生活でも気をつけることで、日々からだが変化していきます。

また、日々のストレスなどで交換神経が優位になると子宮も固まりがちになります。そのため、呼吸法やリラクゼーション法をしながら自律神経の働きも整えていきます。

生理痛やPMSなどの不快な症状は体からのサインです。

ちょっと毎月ブルーだな・・・と感じていたら、ぜひ体と向き合ってみてくださいね。

関連記事