toggle
2018-07-09

姿勢を変えると子宮が元気に!

普段、何気なくしている立った姿勢や座った姿勢。

これと子宮の健康は密接に関係しています。

子宮は内臓の中では下の方にありますよね?心臓や肺、胃よりも下にあります。

そのため、姿勢によって圧迫されやすいんです。

圧迫されるということは血流が悪くなり、不調の原因となります。

しかも、胸を張った「気をつけ!」の姿勢が意外と子宮を圧迫していることが多いです。

 

胸を張った姿勢とはちょっと違う、「自然で健康的な良い姿勢」というものがあります。

重力が全身にかかっているけど、その中で最小限の力で立っている状態です。

これを身につけると、血流も良くなって冷えが遠のき、自然と子宮も元気になっていきます。

(もちろん、他の部位の負担も最小限の姿勢です!)

くつろぎ庵でのヨガクラスでは、どれもこれを基本姿勢としてお伝えしています。

ナチュラルビューティーともいえる「自然で健康的な姿勢」を身につけて見ませんか?

関連記事