toggle

ブラジルの大地のコーヒー

日系二世のトミオフクダ氏の農園が経営する農園で作られた高い品質で作られたコーヒー生豆を使用しています。

中深煎りまで焼くことで、酸味が少なくブラジルらしい深いコクがお楽しみいただけます。

 

焙煎前に生豆を丁寧に洗い、生豆についた汚れと雑味の元となる薄皮を落としてから焙煎しています。

 

農園情報

生産国 :ブラジル連邦共和国

地 域 :ミナスジェライス州 セラード地区 パトスデミナス

生産者 :トミオ・フクダ

農 園 :Fazenda Bau

標 高 :1,100m

品 種 :ブルボン

生産処理:ナチュラル

 

 

ミナスジェライス州 セラード地区 パトスデミナス付近標高約1,100mでブラジルでも標高の高い場所に位置します。この地域はセラードの中でも特に雨期と乾季がはっきりとしており、コーヒー栽培に適した気候です。恵まれた気候、そして肥沃な土壌をもつトミオフクダさんの農園で育ったブルボン種です。

トミオフクダさんは日系二世で、日本で勤務していた経験もあることから従業員育成にも大変熱心に取組んでいます。勤勉な者しか雇わず、5Sを取り入れ綺麗な農園作りにも心がけています。トミオ氏は常に農園に足を運び、木の状態を把握し、メンテナンス、管理を行っています。

農園で真っ赤に実ったチェリーは、丁寧に収穫され、パティオで天日乾燥されます。その後、果肉除去・脱穀・精選されます。栽培、収穫、精選、乾燥、選別、輸出用パッキングまでを一貫して行っており、トレーサビリティにも対応した、生産者の顔が見える安心の高品質コーヒーを作り出しています。